住宅と高気密・高断熱
 関西というのは断熱の空白地域です。断熱に対する関心が他府県から比べて薄いという印象を受けます。建築主もそうですが設計者も断熱を重要視してはいません。

 多分にこれは吉田兼好「徒然草」の「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。」に影響されているのではないでしょうか。

 京町家のつくりというのは、まさに、この「夏をむねとすべし」で建てられています。坪庭から、通りに面したミセノマまで風が流れるように工夫されています。寒い冬は厚着して火鉢にあたって我慢すれば済むという生活です。しかし、さすがに高齢者にとってこの生活は厳しいものがあります。


 高断熱化すれば、我慢しなくても快適な生活環境が確保できます。家全体で、温度差の少ない温熱環境が実現できますし、1階と2階の吹き抜けがあったとしても、その温度差は1〜2℃程度にしかなりません。夏の屋根を通して入ってくる抑圧されるような暑さは、断熱材によって簡単に遮断できます。2階が暑くないのです。当然、使用するエネルギーも少なくて済みますから、昨今の地球環境にやさしい住まいということができます。


 しかし、ここに落とし穴があります。さきほども話しましたように高断熱住宅の良さというのは、家全体で温度差の少ない家であることが特徴です。つまり、今までの住宅のように個室暖房ではなく、全室暖房を前提にする必要があります。

 そのような前提で、関西などの断熱基準IV地域での冬季の暖房消費量を計算しますと、「次世代省エネルギー基準」で建てた住宅でも、個室暖房の時より倍の暖房消費エネルギーを消費することになります。「次世代省エネルギー基準」で建てた住宅は必ずしも省エネとは言えないことになります。「次世代省エネルギー基準」の最低でも1/2の暖房消費エネルギーに,
省エネルギーを目指すなら1/3〜1/4に暖房消費エネルギーを抑える必要があるのです。


 私共が所属している新住協(NPO法人新木造住宅技術研究協議会)では上記の省エネルギー住宅の実現を目指して「Q1.0(キューワン)住宅」の活動を展開しています。

お知らせ
















>

リンク工事中 m(_ _)m

★ Q1住宅について

NPO法人新住協において、これからの省エネ住宅で推奨している住宅性能です。


★ 次世代省エネルギー基準とは
名前は「次世代」ですが、断熱性能的には、もはや過去の存在になりつつあります。
次世代だからと言って、決して「次世代」を約束するものではありません。


★ Q値が小さいほど省エネ?

省エネ住宅を示す値としてQ値がありますが、2つの建物のQ値を較べてみて、Q値の大きい住宅の方が、性能的に省エネである場合があります。


★ 夏場の日射遮蔽の大切さ
高断熱住宅において、夏の太陽の日差しが室内に入り込むのは要注意です。冬場は貴重な温熱源としてありがたいのですが、夏場は逆に熱が逃げにくいのが災いしてオーバーヒートすることになります。


★ 充填断熱の内部結露について
充填断熱材の内部結露について、正しく施工されれば内部結露の問題はありません。実際に新住協では、これまでに会員が施工した建物の一部を解体し、レポートを出しています。正しい施工と監理をきっちりできる体制が必要です。


★ Q1住宅とパッシブハウス
ドイツのパッシブハウス基準というのは世界の中で先導的な基準です。ドイツと関西の気候の違いを踏まえながら、暖房エネルギーを減少させる工夫をすれば、パッシブハウス基準はクリアー可能です。京都においてはQ1.0住宅?仕様で対応できます。

産業施設部門へ
Unknown Condition [8192]: Function ereg() is deprecated in file miyai-ap_tp/xoops_trust_path/templates_c/http%3A%2F%2Fwww.miyai-ap.com^%%5C^5CF^5CF6E831%%theme.html.php line 5